好きなキャラの名前で検索してみよう

【神の右席】前方のヴェント 評価&完凸差分【とあるIF】

キャラ図鑑
スポンサーリンク

キャラ詳細

恒常☆3キャラ 赤のバトル

ヴェント(CV. 平松晶子)

ローマ正教『神の右席』に所属する魔術師。『神の火(ウリエル)』、前方の黄、風の属性を司る。自身に敵意を抱いたものを昏倒させる『天罰術式』とハンマーを使った、風の術式を使用する。過去に弟を失った事故が原因で科学サイドを恨んでいる。

スキル

こんなのはどーお? ”チャージターン8”
 自身にダメージ2回分の【天罰術式】と【物防アップ(小)】を3ターン付与する。

必殺技

風の衝撃 ”チャージターン4”
 攻撃範囲内の敵に大威力の異能攻撃をし、【物攻ダウン(大)】と【移動不能】を2ターン付与する。

潜在

1、器用向上(中)
 バトル開始時に自分の器用を中アップさせる。

2、構造解析(小)+HP向上
 科学サイドへ攻撃した際の威力を小アップ+バトル開始時に自分のHPを中アップさせる。

評価

 ステータスは器用以外が平均以上である。中でも異能防御力、HPが高いため、対異能戦ではつたれにくい性能をしている。攻撃のほうも魔術サイドに攻撃したときのダメージを上昇させる能力のため、攻撃に関しても問題ない。

pvp戦対策必須のスキル

 スキルは自身に天罰術式2回分と物防ダウンを付与する能力を持っている。特に天罰術式はpvpでアクセラに変わる対策必須の能力。アクセラのベクトル操作や【ネコ耳メイド】インデックスの強制詠唱待機は科学、魔術サイド限定に発動するが、天罰術式はサイド関係なしに発動するため極めて強力である。攻撃した敵に気絶2ターンを付与するため、敵の行動を大きく妨害できる。効果時間も3ターンと長いのもおススメ。
 実質ダメージを受けるためSPが上昇したり、「ダメージを受けると~」などのアシストスキルが発動できる。

“天罰術式” 受けるダメージを0にし、攻撃した敵に気絶を2ターン付与する能力。効果”弱体化状態耐性”で防ぐことが可能

スキルと相性のいい必殺技

 必殺技は敵に大威力の異能攻撃後、移動不能と物攻ダウンを2ターン付与する。特に移動不能はスキル天罰術式と相性が良く、スキル→必殺技→敵の攻撃→気絶と狙って付与することが可能。大威力と攻撃力は低いが、その分スキルとの相性はベストマッチしている。

必見!天罰術式の対策

 とある魔術の禁書目録第13章【0930事件 後編】でもエネミーとして出てくる【神の右席】前方のヴェント。その圧倒的なスキルで多くのプレイヤーを泣かしてきました。ここでは天罰術式を張ったヴェントの対策を公開します。あくまで自身が考えたので参考程度にどうぞ。

1、上条の右手で解除⇐おススメ
 強化解除を持つ上条当麻が使えます。ただし有利属性であるフェス青上条ではなく、赤上条を使いましょう。スキル、必殺ともに強化解除を持っているためおススメです。また仮想コインでも結晶を交換できるため、ガチャを回さずとも手に入ります。

2、味方全体に【弱体化状態耐性】を付与できるキャラを入れる
 攻撃しても天罰術式の効果を受けない【弱体化状態耐性】のキャラを編成することです。しかし味方全体に【弱体化状態耐性】を付与できるキャラが【灼眼のシャナ】コラボキャラしかいないため、もってない人はあきらめましょう。

3、【強化妨害】をもつキャラを加える
 敵に強化妨害を付与することにより、ヴェントのスキルを無効化することが出来ます。ただし実行するには敵の行動パターンを把握しなくてなければならずまた、normalの#27ではバトル開始時に天罰術式を付与されてしまうため、注意が必要です。

点数評価

獲得先:プレミアムガチャなどから入手

初期画像と完凸画像の比較

左:初期 右:完凸

こちらの画像は

R A (童帝サウザー)さん(@toaru_if_
かず†さん(@q5mNFwz5TZ3sakx
メンタルちゃんさん(@mental__san

が提供してくださいました。
ありがとうございます!

同キャラ一覧

【神の右席】前方のヴェント 評価&完凸差分【とあるIF】
キャラ詳細恒常☆3キャラ 赤のバトルヴェント(CV. 平松晶子)ローマ正教『神の右席』に所属する魔術師。『神の火(ウリエル)』、前方の黄、風の属性を司る。自身に敵意を抱いたものを昏倒させる『天罰術式』とハン...
【『神の火』】前方のヴェント 評価&完凸差分【とあるIF】
キャラ詳細期間限定星三キャラ 青のバトルヴェント(CV. 平松晶子)ローマ正教『神の右席』に所属する魔術師。『神の火(ウリエル)』、前方の黄、風の属性を司る。自身に敵意を抱いたものを昏倒させる『天罰術式』と...

 

 
  
  

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました